廃油をバイオディーゼル燃料にしたディーゼル車

家庭油は炒め物や揚げ物に使われてます。特に揚げ物は沢山の油を使うので、揚げた後は外はサクサクしてて、中はジューシーで美味しいです。その油も何回か使うと揚げ物には使えないので固めて捨てます。

捨てるのは勿体無いけど、流すよりは良いです。

油を流すと水と分離するので、結果そのまま川に流れ川に住む生き物に影響を与えてしまいます。

油の浮いた水は光ってますが黒ずんでて良くないです。油送船のトラブルで油が海に流れるニュースをたまに見ますが、流れた所は黒ずんでます。広範囲に広がるので処理も大変みたいです。

また、油を流す量が多いと次第に固まり排水管が詰まって水が流れなくなります。排水管が詰まるとよく聞きますが、原因は油が固まってしまったからだそうです。排水管が使えないと生活にも支障をきたします。

何年か前になりますが、廃油をバイオディーゼル燃料にしてディーゼル車に利用してる特集を見ました。最初は廃油がガソリンの代わりになるのかと疑問に思いました。けど、廃油を入れて走ると一般車と変わらなかったです。

使える廃油は限られてますが、家庭油が活用されてるのは画期的です。ガソリンは二酸化炭素を出すので環境に良くないですが、廃油は二酸化炭素が少ないのでエコで効果的みたいです。廃油の利用法に石鹸もあります。

作るときに気をつけないといけませんが、効果は汚れがよく落ちて手荒れが軽減するみたいです。家庭以外に工場でも使われてます。廃油を固めてキャンドルを作ることが出来ます。

また、再利用出来る油は工場などで再び油に生まれ変わることも出来ます。私達が普段使ってる油性マジックも回収した廃油から作られてます。こうしていくつか挙げると廃油も活用法があるのにびっくりしました。

今まで捨ててましたが、利用法を知るともうゴミとは言えません。

資源を大切にすることは環境を大切にすることと同じです。

他にもゴミとして捨ててるものがもっと再利用されていけばいいなと思います。

中国の大気汚染問題を見ていて怖くなりました

中国人は日本のことを嫌っているというのは、日本人なら誰もが知っていることだと思います。

これは戦時中のことが影響しているようですが、そういった事が原因で、何か事あるごとに日本を敵対視するようになりました。中国人が日本人を嫌っているということがあるせいか、日本人のもつ中国のイメージもあまり良くありませんね。

私自身も中国に対しては、あまりいいイメージがありません。

そんな中、昨日、テレビで中国人と日本人が論争するみたいな事を放送していました。中国人にとっての常識が日本のルールではあり得ないなどです。そして、私が前々から気になっていた事についても取り扱っていました。

それは、PM2.5が日本に飛来しているけども、中国は日本に謝罪するべきではないかという問題でした。スタジオにいる中国人50人中30人近くが謝罪するべきだという意見を持っていました。これについて、少しほっとしました。

PM2.5が問題になってからだいぶ経ちますが、中国政府から日本に謝罪なんて聞いた事がありません。中国は一党独裁で、決め事には日本よりスムーズに対応できます。それなのに長年の間なにも音沙汰なしで、どう思っているのか気になっていました。

おすすめのPM2.5サイトはこちら。

そしたら、謝罪すべきという人が半数以上いてほっとしました。

中国人が悪い事をしているという気持ちがあるだけで十分です。

ただし、大気汚染が日本を襲っているのはしょうがないとして、謝罪すべきではないと考えている人がいるのも事実です。そして中国では大気汚染が進んでいるというのは有名で、子供が原因不明の鼻血を出したり、発疹ができたりという事も番組では取り上げていました。

それらを見ると、改めて大気汚染の恐ろしさが分かります。日本も発展している時は、大気汚染なんて考えていませんでした。

その結果、水俣病やぜんそくなど、様々な病気で苦しめられている人を生み出しました。

今の中国も日本と同じだと思います。

便利な生活と引き換えにタダだった空気が失われてしまうなんて、なにを目的に発展していくのか分からなくなりそうです。

環境問題対策のためにポイ捨ては絶対にやめよう!

eco

現在、世界的に環境問題は大きな問題となっています。

二酸化炭素が増加し、大気汚染は進み、自然がどんどん破壊されています。そんな環境問題を少しでも解決するためには、一人一人の意識が大切です。私はよく海釣りに行くのですが、海にはゴミがたくさん落ちています。

そんなゴミも環境破壊の一つです。

渡り鳥が餌と間違えて飲んで死んだり、魚が食べて死んだりと、そういった人間のゴミで、他の生物達が死んでしまうこともあるのです。一人一人がゴミのポイ捨てをしなければこのようなことは起きないはずです。

小学生でもゴミはゴミ箱に捨てるのは分かります。

環境破壊を守るために、ゴミのポイ捨てはやめましょう。

ゴミをポイ捨てする理由の一つに、ゴミ箱が少なすぎるということもあります。ゴミ箱がないから、その辺に捨ててしまおうと思う方も多いと思います。そのために、日本全国にゴミ箱をたくさん増やしましょう。

ゴミ箱があればゴミを捨てるはずです。

例えば、何メートル間隔で設置するなど、国をあげて管理すれば、ゴミ箱が増えて、ゴミ問題も解決していくと思います。環境を守るためには、一人一人が当たり前のことを当たり前に行うことが大切です。

ポイ捨ては絶対やめましょう。

ポイ捨てといえば、タバコのポイ捨てをよく見かけます。

私も喫煙者ですが、同じ喫煙者としてタバコをポイ捨てする人は絶対に許せません。ただでさえ喫煙者の肩身はどんどんせまくなっているのに、ポイ捨てがあるともっと肩身が狭くなってしまいますよね。喫煙者であるならば、そのことを自覚して、非喫煙者のことを考えて行動しなければいけないと思います。

しかも、タバコと環境破壊には関係があるということをご存じでしょうか。

一見何の関係もないように思いますが、タバコの葉を乾燥させるために、大量の木材が必要になるのです。なんと、年間で2000平方キロメートルもの森林が伐採されているそうです。ピンとこないかもしれませんが、世界中で切り落とされている木材の約1割にもなります。

喫煙者は、周りの人だけでなく、環境にも迷惑をかけていることを自覚しておくべきなのです。