森に放たれた動物が生態系を壊す

動物園に居る動物がかわいそうだと、子供が泣いてしまいました。
先日、子供と動物園へ行ったのですが、檻に入っている動物を見て子供が泣いたんです。

かわいそうだから出してあげてとせがまれても、どうすることも出来ませんでした。
エサをもらっているから大丈夫と言っても、外で遊べないと子供が訴えます。
さらに、絶滅しそうな動物も居るから、人間が保護しているんだと説明しました。

でも、子供は最後まで自由に生きる方が良いと言うのです。
私はその言葉にしっかりした返答を返せませんでした。
なぜなら、子供の言葉に共感してしまったからです。

よくよく考えてみれば、人間の都合で管理している動物が多いなと感じました。
沖縄ではハブ退治のためにマングースを森に放ちましたが、昼行性と夜行性の違いでまったく効果が出ませんでした。
その結果、マングースが大量に繁殖してしまい、今では駆除して回っている状態です。
人間の都合で放たれた動物が、人間の都合で殺されて行く、不条理な現実です。

森に放たれた動物が生態系を壊してしまう、それは問題です。
でも、そもそも森に動物を放ったのは人間です。
何だか自分勝手だなと、この歳になって気分が悪くなりました。

どのように伝えれば、そして何が正しいのか分からなくなります。
例えば、マングースは生態系に影響を与えてしまうので、捕まえて殺処分が正しいのでしょうか。
それともマングースが居る生態系を是として見守って行くのが良いのでしょうか。
どちらにしても失われる命はあるので、正しい答えなんて無いのかもしれません。
子供には、今の気持ちをありのままに伝えることにしました。
納得は出来ていないようですが、理解はしてくれたようです。

動物園に遊びに行ったつもりが、かなり深いテーマを持ち帰ることになってしまいました。
でも、環境問題や動物の生態系について、子供と話し合う時間が持てたのは良いことです。
子供には将来、環境や動物に優しさを持てる大人に育ってもらいたいですね。

ネガティブではなくポジティブをみる

オーナの方のお話しに感動してしまいました。

「環境は大きなテーマなので、関わり方を見つけるのが難しいですよね。でも、自分の住んでいる町をどう存続させるか、この美しい山や森や川をいかに残すか、という視点なら具体的な取り組みを考えることができるでしょう。そうしてひとつのモデルケースをつくることができたら、ほかの町でも真似されて、世界に広がるかもしれません。そのために私がいまできることは、カフェから上勝町の取り組みを発信していくことだと思っています。」

たしかに・・・
環境問題という大きなテーマをかかげられると、心が一気にしぼんで、なえてしまうのが事実です。でも、具体的に昔、大好きだった自然公園を守りたいとか、、自分の地元をもっと盛り上げたい。。とかそんな風にネガティブに、意識をむけるんじゃんかうて、もっとポジティブにやっていける方向を意識して進むと、また違った見え方ができるんじゃないかな。と感じました。

「cafe polestar」が行っている一連の取り組みも、「環境問題に対してカフェができること」のモデルケースになりうるものだと紹介されています。本当に、私の家の近くにも、、こんなカフェあったら、毎日でもいくのにな・・・と読みながら思ってしまいました。。

こうも言っています。 
「cafe polestar」ではゼロ・ウェイスト宣言をした上勝町のカフェというバックグラウンドがあるから、おしぼりを出さなくても理解してもらえるけれど、別の地域で同じことをすると、「サービスが悪い」と思われてしまうかもしれません。

・・・と
たしかに、環境を考えているカフェです。とはっきりと私たちにもわかるように掲示されていれば、うれしい気持ちでその活動に参加することができますよね。お手洗いのタオルがなくても、喜んでハンカチで手をふくことができます。

ただ、そういったバックグラウンドがなかったら少し、不満に思ってしまうかもしれません。

その対策のためにとった行動が素敵なんです!次の日記で書きますね♪

廃油をバイオディーゼル燃料にしたディーゼル車

家庭油は炒め物や揚げ物に使われてます。特に揚げ物は沢山の油を使うので、揚げた後は外はサクサクしてて、中はジューシーで美味しいです。その油も何回か使うと揚げ物には使えないので固めて捨てます。

捨てるのは勿体無いけど、流すよりは良いです。

油を流すと水と分離するので、結果そのまま川に流れ川に住む生き物に影響を与えてしまいます。

油の浮いた水は光ってますが黒ずんでて良くないです。油送船のトラブルで油が海に流れるニュースをたまに見ますが、流れた所は黒ずんでます。広範囲に広がるので処理も大変みたいです。

また、油を流す量が多いと次第に固まり排水管が詰まって水が流れなくなります。排水管が詰まるとよく聞きますが、原因は油が固まってしまったからだそうです。排水管が使えないと生活にも支障をきたします。

何年か前になりますが、廃油をバイオディーゼル燃料にしてディーゼル車に利用してる特集を見ました。最初は廃油がガソリンの代わりになるのかと疑問に思いました。けど、廃油を入れて走ると一般車と変わらなかったです。

使える廃油は限られてますが、家庭油が活用されてるのは画期的です。ガソリンは二酸化炭素を出すので環境に良くないですが、廃油は二酸化炭素が少ないのでエコで効果的みたいです。廃油の利用法に石鹸もあります。

作るときに気をつけないといけませんが、効果は汚れがよく落ちて手荒れが軽減するみたいです。家庭以外に工場でも使われてます。廃油を固めてキャンドルを作ることが出来ます。

また、再利用出来る油は工場などで再び油に生まれ変わることも出来ます。私達が普段使ってる油性マジックも回収した廃油から作られてます。こうしていくつか挙げると廃油も活用法があるのにびっくりしました。

今まで捨ててましたが、利用法を知るともうゴミとは言えません。

資源を大切にすることは環境を大切にすることと同じです。

他にもゴミとして捨ててるものがもっと再利用されていけばいいなと思います。