環境問題対策のためにポイ捨ては絶対にやめよう!

eco

現在、世界的に環境問題は大きな問題となっています。

二酸化炭素が増加し、大気汚染は進み、自然がどんどん破壊されています。そんな環境問題を少しでも解決するためには、一人一人の意識が大切です。私はよく海釣りに行くのですが、海にはゴミがたくさん落ちています。

そんなゴミも環境破壊の一つです。

渡り鳥が餌と間違えて飲んで死んだり、魚が食べて死んだりと、そういった人間のゴミで、他の生物達が死んでしまうこともあるのです。一人一人がゴミのポイ捨てをしなければこのようなことは起きないはずです。

小学生でもゴミはゴミ箱に捨てるのは分かります。

環境破壊を守るために、ゴミのポイ捨てはやめましょう。

ゴミをポイ捨てする理由の一つに、ゴミ箱が少なすぎるということもあります。ゴミ箱がないから、その辺に捨ててしまおうと思う方も多いと思います。そのために、日本全国にゴミ箱をたくさん増やしましょう。

ゴミ箱があればゴミを捨てるはずです。

例えば、何メートル間隔で設置するなど、国をあげて管理すれば、ゴミ箱が増えて、ゴミ問題も解決していくと思います。環境を守るためには、一人一人が当たり前のことを当たり前に行うことが大切です。

ポイ捨ては絶対やめましょう。

ポイ捨てといえば、タバコのポイ捨てをよく見かけます。

私も喫煙者ですが、同じ喫煙者としてタバコをポイ捨てする人は絶対に許せません。ただでさえ喫煙者の肩身はどんどんせまくなっているのに、ポイ捨てがあるともっと肩身が狭くなってしまいますよね。喫煙者であるならば、そのことを自覚して、非喫煙者のことを考えて行動しなければいけないと思います。

しかも、タバコと環境破壊には関係があるということをご存じでしょうか。

一見何の関係もないように思いますが、タバコの葉を乾燥させるために、大量の木材が必要になるのです。なんと、年間で2000平方キロメートルもの森林が伐採されているそうです。ピンとこないかもしれませんが、世界中で切り落とされている木材の約1割にもなります。

喫煙者は、周りの人だけでなく、環境にも迷惑をかけていることを自覚しておくべきなのです。

マイボトル〜できるエコから考えよう

こんにちは。今日はとてもいい天気ですね。

わたしが最近大好きなテレビ番組を見ながら、今この記事を書いています。夜中に放送している番組なのですが、とても私のツボにあっていて、いつも大爆笑うぃながら見ています。日ごろ生活していると、ストレスって溜まりますよね。

そのストレスを解消する方法は、千差万別でしょうがお金がかかること、時間がかかること。いろいろありますよね。

ですが私は自宅で、大笑いしてテレビを見ることが結構なストレス解消になるので、手軽に解消することが出来ます。

さて、私は仕事に行くときにいつもマイボトルを持参していきます。

世の中には、自動販売機やコンビニなどで気軽に買える、ペットボトル飲料が売っていますよね。それを買ってしまえばすぐだし洗いものもないし、なんといっても手軽ですよね。もちろん、そのペットボトルを専用のゴミの日に処理して再利用していれば、エコに繋がると思います。ですが、そんなに頻繁にゴミの日だってないし、面倒でコンビニなどのゴミ箱に捨ててしまうこともあると思います。

ですが、マイボトルなら洗って何度も繰り返し使うことができますし、好きなお茶などを入れることもできます。

幸い、私の勤務している会社には給湯室がかなりの広さであります。そしてお茶などのディスペンサーがたくさんあり、自由にマイボトルの中身をカスタマイズすることが出来ます。なので、うちの会社のマイボトル率は半端ないんですね。

社長が、エコにとても感心がある方なのでこういった設備を提供してくれているのですが、社員一同とても助かっています。ですが、友人に聞いてもこうしたマイボトルを会社で利用している人は最近増えてきているようですし、着実にすこしずつ世間もエコに関心が向いてきているアカシなのかもしれませんね。

これから始まる行楽シーズンもゴミを減らして、エコしながら毎日楽しく過ごしていきたいものですよね。

北海道には花粉症がない?

kafunsho

大学時代から仲の良い友人の一人に、札幌出身の友人がいます。大学一年生のころからずっと仲がよいのですが、春にあうと毎度同じ話をします。「北海道には花粉症なんてないから、昔札幌にいたころは、本州の人って弱いのかと思っていた。
 
でも、東京に住み始めてちょうど10年目に自分も発症した。花粉症が重大な環境問題だと今更ながら知った」と。さて、北海道に花粉症は本当にないのか、確認してみました。
 
 
北海道以外でいうところの花粉症は、すなわちスギ花粉を差します。スギは、真っ直ぐに早く伸びるため、建築用の木材として大規模に植林されました。しかしながら、海外の安価な木材との競争で、植林した数ほど実際に木材として利用されませんでした。結果、切られずに立派に育ったスギの木が毎年大量に花粉を発生させています。もちろん、当時植林した人たちは、植えたスギが春の住環境に大きな影響を及ぼすなどとは想像もつかなかったでしょう。
 
 
北海道はスギがほとんどありません。正確には生えてはいますが、本数は少ないのです。その代わりにシラカバの木が北海道内に大量に生えているため、シラカバ花粉の花粉症が存在します。北海道に花粉症がない、というのは正確には間違いです。
 
 
シラカバ花粉症はあるとされている。しかし、札幌出身の友人いわく、北海道に花粉症はないと言っています。この違いについて確認してみると、「地域によってはあるのかもしれないが、札幌圏では聞いたことがない。ないとは言えないのかも知れないが、花粉症の人が非常に少ないため、重要な問題になっていない」だそうです。彼の親兄弟は全員札幌に住んでいますが、スギ花粉症はもちろん、シラカバ花粉症の人は親戚まで含めてみても一人もいないそうです。
 
 
そう考えると、北海道は日本国内では数少ない花粉から避難できる場所といえそうです。仕事や金銭面で簡単ではないですが、花粉の時期は悩まされずに住む環境のある北海道で過ごし、それ以外は東京で過ごす、なんて事ができるととても良いですね。花粉症に20年以上苦しむ私の夢でもあります。