北海道には花粉症がない?

大学時代から仲の良い友人の一人に、札幌出身の友人がいます。大学一年生のころからずっと仲がよいのですが、春にあうと毎度同じ話をします。「北海道には花粉症なんてないから、昔札幌にいたころは、本州の人って弱いのかと思っていた。
 
でも、東京に住み始めてちょうど10年目に自分も発症した。花粉症が重大な環境問題だと今更ながら知った」と。さて、北海道に花粉症は本当にないのか、確認してみました。
 
 
北海道以外でいうところの花粉症は、すなわちスギ花粉を差します。スギは、真っ直ぐに早く伸びるため、建築用の木材として大規模に植林されました。しかしながら、海外の安価な木材との競争で、植林した数ほど実際に木材として利用されませんでした。結果、切られずに立派に育ったスギの木が毎年大量に花粉を発生させています。もちろん、当時植林した人たちは、植えたスギが春の住環境に大きな影響を及ぼすなどとは想像もつかなかったでしょう。
 
 
北海道はスギがほとんどありません。正確には生えてはいますが、本数は少ないのです。その代わりにシラカバの木が北海道内に大量に生えているため、シラカバ花粉の花粉症が存在します。北海道に花粉症がない、というのは正確には間違いです。
 
 
シラカバ花粉症はあるとされている。しかし、札幌出身の友人いわく、北海道に花粉症はないと言っています。この違いについて確認してみると、「地域によってはあるのかもしれないが、札幌圏では聞いたことがない。ないとは言えないのかも知れないが、花粉症の人が非常に少ないため、重要な問題になっていない」だそうです。彼の親兄弟は全員札幌に住んでいますが、スギ花粉症はもちろん、シラカバ花粉症の人は親戚まで含めてみても一人もいないそうです。
 
 
そう考えると、北海道は日本国内では数少ない花粉から避難できる場所といえそうです。仕事や金銭面で簡単ではないですが、花粉の時期は悩まされずに住む環境のある北海道で過ごし、それ以外は東京で過ごす、なんて事ができるととても良いですね。花粉症に20年以上苦しむ私の夢でもあります。

master

View more posts from this author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*