作者別: master

香りという人生の楽しみを教えてくれたのはニュージーランドの老人ホームの貴婦人たちだった

私はニュージーランドに留学していた時に長い夏休みを利用して老人ホームでボランティアをしたことがあります。

ニュージーランドの老人ホームにはグレードがあり、身の回りのことなどなんでも自分でできる人がいる老人ホームと身の回りのことは人の手を借りないとできない人が入っている老人ホームなどにグレードごとに別れていました。
私がボランティアをした老人ホームはアルツハイマーの方も多く、身の回りのことにケアが必要な老人がいるホームでした。

老人ホームで子供のように振舞う老人の身支度を手伝ったり、一緒にトイレに行ったりなどのケアをするのは保育士になったようで楽しかったです。

そんなふうに子供に帰ってしまったおばあさんたちでしたが、私は彼女たちを見て感心したことがあります。それは、朝の身支度の時に必ず、自分の好きな香水をシュッと付けることでした。生活におけるいろいろなことを忘れている老人が香りのことは忘れないんだなあと感心したのです。

マリリンモンローと同じシャネルの5番が自分の香りだと教えてくれたおばあさんもいました。小さな時から自分でラベンダーの香水を作っていたというおばあさんはラベンダーの香りがする香水を自分にひと吹きしてベッドの枕にもひと吹きするのが日課でした。

こんなふうに小さくて素敵な形の小瓶に入っている自分だけの香りの香水を自分の人生の必須アイテムにするなんて素敵だなあと私は深く感銘を受けました。

私はそれまで、エレベーターなどで香水のにおいをプンプンさせている女性にいいイメージがなかったのですが、それは多分、その女性が香水を過剰につけすぎていたのだと思います。ニュージーランドの老人ホームのレイディたちは、ほんのひと吹き首元にシュッとしていました。そして、彼女たちは近くにいる相手を全然不快になどさせませんでしたし、寧ろ、ほのかに素敵な香りが近くにいる私の気分をよくしてくれました。

今では私も香水を愛用しています。

もちろん、ほんのちょっと首元にシュッと朝につけるだけです。私が好きなのはちょっと柑橘の香りもするグリンティーの香水です。このさわやかなグリンティーの香りが忙しい朝の私の心をリフレッシュしてくれて活動的にすごさせてくれるように感じています。

最近はアロマオイルにも凝っていて、疲れた夜などに疲労回復するために、グレープフルーツの精油をアロマランプに入れて、いい気持ちでお茶を飲みながら、読書をしてリラックスしたりしています。

好みの香りをつけたり嗅いだりすることで、心がこんなにも晴れやかになるということを教えてくれたのはニュージーランドの老人ホームにいた貴婦人たちでした。

人生の楽しみの一つを教えてくれたホームのおばあさんたちには今でもとっても感謝しています。

救われる猫、追い出される猫。

今日はちょっと環境とか真面目な話しとかは抜きにして。
私の日常を書いてみたいと思います。
興味ない人は読み飛ばして下さいね。

隣町の山奥に空き家があります。

何年か前までは義母が一人で猫を飼いながら住んでいましたが、もう亡くなってしまったので、いまこの家の主はこの猫です。夏の間は野山を駆け回り、獲物を捕って自由気ままに生きて居るのですが、雪が降ってしまうと家に閉じこもり、自動餌やり機から出てくる餌を食べながら生活します。

その餌やり機に餌を補充するために週に一回妻と通う日々が続いていました。ある日、いつものように私たち夫婦が様子を見に行くと家の前に見知らぬ白い子猫がいます。

どうやらこの猫も捨てられたようです。友達が出来てうちの猫も寂しさが紛れるだろうと思い放っておいたのですが、そうはなりませんでした。春先にはまだ小さかったこの猫、秋にはすっかり大きくなり力を付けて、ウチの猫を追い出し自分がこの家の主になってしまったのです。

家中マーキングはするはネズミを食い散らかして放っておくは、やりたい放題です。すぐにこの猫を追い出し、ウチの猫を探しましたが見つかりません。

季節は夏から秋になりかけの時、雪が降ってしまう前になんとしてでも探し出さないと死んでしまします。そして三か月ほど経った頃、隣の町内のとあるお宅から「猫を預かっている」と電話がありました。

数日前にふらっと迷い込んできたのだけれど、愛想が良いので玄関前で餌をやっていた所、郵便屋さんがウチの猫だと教えてくれたと言うのです。生まれつき愛想の良いウチの猫は誰にでも懐き、人を見るとすぐに足元に寝転がり、体をこすり付けニャーニャーと鳴きます。

この郵便屋さんにも会うたびに甘えていたので覚えてくれていたようです。猫はすっかり痩せこけ、後ろ脚は怪我をして引きずっています。

相当のショックを受けたのでしょう、私たちを見てもボーっとしていて判断が付かないようです。その後は我が家につれて帰り、ウチの犬と仲良く暮らしています。

一方、ウチの猫を追い出した猫はその後二度と見ることはありません。もしこの猫に、ウチの猫を追い出さずに居候としてひっそりと同居する知恵が有ったら、雪の中途方に暮れる事も無かったのでしょうが、生まれてすぐに親も無く飼い主もなく、誰からも何も教わらず一人ぼっちで生きて来たのですから仕方がありません。

本能のまま、思うがままに生きてしまった猫、生まれつき愛想がよく、人に可愛がられることで命拾いうした猫。人の世の縮図をみるようです。

洗浄や殺菌の効果はどう測る?

洗浄や殺菌の効果はどう測る?

世の中には、いろいろな効果測定法があります。

清潔な環境を維持するためには、洗浄•殺菌ができているのかどうかを確認することが重要です。たとえ見た目がきれいであっても、菌は目で見ることができません。

洗浄効果の確認方法として、汚れと反応して色がつく検出液を使う方法があります。洗浄が不足している場合はその部分に色がつくため、目に見えない汚れでも簡単に確認することができます。

また、成分がすべて食品添加物でできている検出液も販売されており、このような検出液であれば、食品を取り扱う場所でも安心して使用できます。殺菌効果の確認としては、微生物を培養して確認する、拭き取り検査があります。拭き取り検査は、食品やそれらを取り扱う器具や機材だけでなく、従事者の手指なども検査対象となります。

拭き取り検査は綿棒で検体を拭き取って行なう方法が一般的ですが、より簡単な培地を直接検体にスタンプして行なう方法もあります。拭き取り検査は、実際にその場所にいる菌の数がわかりますが、培養に時間がかかることが欠点です。

現場に合った測定法を選ぶ

また、試験の結果がすぐにわかり、数値で表すことができる方法にATP測定法があります。ATP(アデノシリン三リン酸)の量を測定する方法で、汚れが残っている場合でも菌がいる場合でも数値は上昇します。

この方法だけでは、洗浄•殺菌のどちらが不足しているかはわかりませんが、どの部分がどの程度汚染されているかがすぐに調べることができるため非常に便利です。このように様々な方法で洗浄•殺菌の効果を確認することができます。方法により時間、労力、コストなどが変わるため、使用する現場にもっとも合った方法を選択するといいでしょう。

すべてに共通する重要なことは、日常の結果を集めて、「いつもと違う」ことがあった場合、その原因をしっかりと調べることです。