わが国のエネルギー事情

エネルギーは石炭、原油など原料状態で流通する「一次エネルギー」と、これらを精製、加工して電機、ガソリンなどの製品として流通する「二次エネルギー」、そして消費段階の「最終エネルギー」に大別されます。

エネルギー白書によると、わが国の最終エネルギー消費は1970年代まではGDPよりも高い伸び率で増加しました。しかし、70年代の二度にわたる石油ショックを契機に産業界の省エネ化が急速に進み、80年代はほぼ横ばいで推移しました。ところが、90年代以降は緩やかな増加傾向が続いています。

エネルギー消費を部門別に見ると、石油ショック以降、産業部門がほぼ横ばいで推移したのに対し、民主・運輸部門がほぼ倍増しました。その結果、産業・民生・運輸部門の消費量は石油ショック当時の「4対1対1」から2007年度には「2対1.4対1」へ変化しました。増加率では産業部門の横ばいに対し、民生部門は2.5倍、運輸部門は2倍となりました。

1960年代に進められたエネルギー革命の結果、73年度は一次エネルギーの76パーセントを石油が占めていました。ところが、石油ショックを契機にエネルギー革命が見直され、一次エネルギー安定確保のためのエネルギー源多様化が推進されました。その結果、2007年度には石油44パーセント、石炭22パーセント、天然ガス18パーセント、原子力10パーセント、水力・その他6パーセントとなり、石油依存度は大幅に低下しました。しかしながら、ほかの主要国と比べるとわが国の石油依存度はトップで依然として高く、特に中東への依存度が高いのが特徴です。

わが国は、一次エネルギー安定確保において大きな問題を抱えており、さらに、エネルギー安全保障の面から、エネルギー自給率も問題になっています。

森に放たれた動物が生態系を壊す

動物園に居る動物がかわいそうだと、子供が泣いてしまいました。
先日、子供と動物園へ行ったのですが、檻に入っている動物を見て子供が泣いたんです。

かわいそうだから出してあげてとせがまれても、どうすることも出来ませんでした。
エサをもらっているから大丈夫と言っても、外で遊べないと子供が訴えます。
さらに、絶滅しそうな動物も居るから、人間が保護しているんだと説明しました。

でも、子供は最後まで自由に生きる方が良いと言うのです。
私はその言葉にしっかりした返答を返せませんでした。
なぜなら、子供の言葉に共感してしまったからです。

よくよく考えてみれば、人間の都合で管理している動物が多いなと感じました。
沖縄ではハブ退治のためにマングースを森に放ちましたが、昼行性と夜行性の違いでまったく効果が出ませんでした。
その結果、マングースが大量に繁殖してしまい、今では駆除して回っている状態です。
人間の都合で放たれた動物が、人間の都合で殺されて行く、不条理な現実です。

森に放たれた動物が生態系を壊してしまう、それは問題です。
でも、そもそも森に動物を放ったのは人間です。
何だか自分勝手だなと、この歳になって気分が悪くなりました。

どのように伝えれば、そして何が正しいのか分からなくなります。
例えば、マングースは生態系に影響を与えてしまうので、捕まえて殺処分が正しいのでしょうか。
それともマングースが居る生態系を是として見守って行くのが良いのでしょうか。
どちらにしても失われる命はあるので、正しい答えなんて無いのかもしれません。
子供には、今の気持ちをありのままに伝えることにしました。
納得は出来ていないようですが、理解はしてくれたようです。

動物園に遊びに行ったつもりが、かなり深いテーマを持ち帰ることになってしまいました。
でも、環境問題や動物の生態系について、子供と話し合う時間が持てたのは良いことです。
子供には将来、環境や動物に優しさを持てる大人に育ってもらいたいですね。

ネガティブではなくポジティブをみる

オーナの方のお話しに感動してしまいました。

「環境は大きなテーマなので、関わり方を見つけるのが難しいですよね。でも、自分の住んでいる町をどう存続させるか、この美しい山や森や川をいかに残すか、という視点なら具体的な取り組みを考えることができるでしょう。そうしてひとつのモデルケースをつくることができたら、ほかの町でも真似されて、世界に広がるかもしれません。そのために私がいまできることは、カフェから上勝町の取り組みを発信していくことだと思っています。」

たしかに・・・
環境問題という大きなテーマをかかげられると、心が一気にしぼんで、なえてしまうのが事実です。でも、具体的に昔、大好きだった自然公園を守りたいとか、、自分の地元をもっと盛り上げたい。。とかそんな風にネガティブに、意識をむけるんじゃんかうて、もっとポジティブにやっていける方向を意識して進むと、また違った見え方ができるんじゃないかな。と感じました。

「cafe polestar」が行っている一連の取り組みも、「環境問題に対してカフェができること」のモデルケースになりうるものだと紹介されています。本当に、私の家の近くにも、、こんなカフェあったら、毎日でもいくのにな・・・と読みながら思ってしまいました。。

こうも言っています。 
「cafe polestar」ではゼロ・ウェイスト宣言をした上勝町のカフェというバックグラウンドがあるから、おしぼりを出さなくても理解してもらえるけれど、別の地域で同じことをすると、「サービスが悪い」と思われてしまうかもしれません。

・・・と
たしかに、環境を考えているカフェです。とはっきりと私たちにもわかるように掲示されていれば、うれしい気持ちでその活動に参加することができますよね。お手洗いのタオルがなくても、喜んでハンカチで手をふくことができます。

ただ、そういったバックグラウンドがなかったら少し、不満に思ってしまうかもしれません。

その対策のためにとった行動が素敵なんです!次の日記で書きますね♪